刑事事件の送検の流れ

逮捕後48時間以内に検察に送検

送検というのは検察などの機関へ身柄を送られることを言います。これは職務質問などでは行われることはないですが、刑事事件や民事事件などで容疑者、被疑者に該当する場合、逮捕後48時間以内に検察に送検されます。身柄送致などといわれることもあります。
そこからは検察が24時間以内に勾留請求をします。裁判官が被疑者の住所不定や逃亡の恐れがあると判断した場合、被疑者は勾留されます。しかしこれらの可能性がないと裁判官が判断した場合、勾留請求が却下される場合があります。

検察が不起訴処分にすると釈放となる

また書類送検は身柄は検察官に送られることはないです。また逮捕したことにもならないです。書類だけの場合は身柄を送られることよりも比較的軽い犯罪の場合が多いです。例えば、飲酒運転などです。殺人事件や放火事件、強盗事件などでは身柄ごと送られることになります。
また送致を受けた検察は起訴するのかしないのかを直ちに判断する必要があります。ここでしないと起訴しないと決めた場合、不起訴処分で釈放となります。また逮捕とは被疑者の身柄を拘束する強制処分です。ここで間違っていけないのは任意ではないということです。任意でない場合、本人が拒否することはできずに必ず従う必要があります。

逮捕の種類は3種類

逮捕の種類には現行犯逮捕と、通常逮捕、緊急逮捕と3種類あります。緊急逮捕とは刑の期間が3年以上の重い罪を犯して、逮捕状をとっている時間がないときに一時的に身柄を拘束し、その後に逮捕状を請求します。通常逮捕は令状を持って逮捕することです。現行犯逮捕は目の前で犯罪が起きているのを警察官が目撃した場合に行われます。
なお逮捕と身柄を送致されることには違いがありますので勘違いしないようにすることが大事です。