刑事事件のこと、逮捕から裁判まで詳しく説明します。

刑事事件に強い弁護士もいる

刑事事件の当事者となってしまったら、刑事事件を得意分野とする弁護士に相談すると良い

刑事事件の当事者となってしまった場合、被害者と加害者とあれば加害者が悪くなることが多いとされます。しかし世の中には冤罪であったり、程度が低い割に大きな罰になったりすることもあります。加害者としては、前科をつけたくないと思ったり不起訴にしたいと思う方もいると思います。

本当に悪いことをしたのに不起訴や刑の軽減を望むことはいけないことだと思いますが、冤罪である場合は加害者にされて納得いかないと思うので不起訴にしたいと思うのは当たり前で正しいことです。そんな時に頼りにしたいのが弁護士ですが、人により得意な分野というものが存在します。その中には刑事事件を得意分野とする弁護士もいるので、頼りにしてみると良いと思います。

参考→刑事事件弁護士相談広場 | 無料相談で早めの対応!【不起訴・早期釈放】

事件が起こった際には、まず被害者が被害届を提出します。それから起訴か不起訴かの裁判に至るのですが、その前に示談というものを行うことが可能です。

示談とは裁判ではなく当事者同士で解決することで、加害者の刑を軽減したり不起訴とするために有効な場となります。示談に於く解決方法は、加害者が被害者に示談金を払う代わりに被害届や告訴状を出さないでくれということです。すでに提出してしまった場合は、取り下げてくれということになります。

加害者としての冤罪を晴らしたり刑を軽減させることができる唯一の場ですが、被害者が示談を拒否する場合があります。拒否された場合は裁判で解決というかたちになり、裁判では事件内容・被害の程度・加害者が反省しているかなどが重要になります。

冤罪に巻き込まれた場合は、本人もその家族もまず落ち着いて専門の人に相談

世の中には、憂さ晴らしなどで他者に冤罪をきせる人がいます。巻き込まれた場合は最悪かもしれませんが、思い悩んだり悪くないと激情することは良くないと思います。巻き込まれた時は裁判に関して専門的に詳しい味方が必要で、刑事事件に強い弁護士に助けを求めることが最善だと思います。

また加害者となった当人に家族がいた場合は、その家族も動揺を隠しきれないと思います。それが冤罪である場合は尚更です。しかし動揺してるだけでは大切な人は救えないので、思い悩まず専門の人に相談をしてください。無料で相談というものも今の時代は多くありますが、実際に巻き込まれてしまった場合はそのまま依頼になると思います。法律や裁判などの難しいことは、専門の人ならできることがあります。被害者と名乗る人が冤罪であるのに真実のように語る時は心が騒ぐかと思いますが、落ち着いて対応することが最善です。

最新記事